HOME > 糖尿病とは > 糖尿病の発症メカニズム
Close Mobile Navigation

糖尿病とは

監修:横浜市立大学 内分泌・糖尿病内科学 教授 寺内 康夫 先生

糖尿病の発症メカニズム ⑥ 糖尿病が進むと、インスリン注射が必要になります


糖尿病にはいくつかタイプがありますが、最も多いのは2型糖尿病です。2型糖尿病の発症には過食や運動不足といった生活習慣も関係するので、正しい生活習慣を身につけ、実行することが2型糖尿病の予防ではとても大切です。

参考:日本糖尿病学会 編・著: 患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき改訂第58版, p.16,18-19, 南江堂 2020

糖尿病が進むと、インスリン注射が必要になります

血糖値が高い状態が続くと、すい臓が疲れてインスリンを分泌する能力が低下し、またインスリン抵抗性も助長されます。その結果、血糖値が常に高い状態となり、糖尿病を発症します。それでも、糖尿病の発症早期は少量のインスリンが分泌されていますが、やがてはほとんど分泌されなくなり、インスリンを注射で補わなければ生きていけない状態に陥ってしまいます。 インスリンには脂肪やタンパク質を合成する作用もあります。そのため、インスリン分泌が高度に低下するようになると、痩せる場合もあります。

インスリン分泌障害優位の2型糖尿病の経過

医療情報科学研究所 編.病気がみえる vol. 3 糖尿病・代謝・内分泌 第5版. メディックメディア, 2019: 30-31. より