監修:東京女子医科大学 糖尿病センター
センター長 内潟 安子 先生


糖尿病の合併症

糖尿病が進行して、血糖値が高い状態が続くと、血管をはじめとする臓器に障害が起こります。末梢神経や網膜または腎臓の細い血管に障害が起こると、糖尿病の三大合併症と呼ばれる糖尿病性神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を発症します。細い血管に障害が起こって発症するため、細小血管症とも呼ばれます。また、全身の太い血管の動脈硬化が促進することにより、心筋梗塞、脳梗塞、足の閉塞性動脈硬化症などを発症することがあります。これらを、大血管症とも呼びます。
上述は高血糖が長期に続いた後に起こってくるので、慢性合併症と呼ばれます。慢性合併症とは別の急性合併症もあります。糖尿病薬が強く作用しての低血糖症、さらに進んで意識障害、糖尿病昏睡です。意識障害や昏睡は、高血糖状態でも起こりえます。

参考:日本糖尿病学会 編・著: 患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき改訂第56版, p.24-32, 南江堂 2014

参考:日本糖尿病学会 編・著:患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき改訂第56版, p.24-38, 南江堂 2014

前へ 次へ

ページのトップへ MSD Diabetes Solutions 個人情報の取り扱い ご利用条件