糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法

糖尿病ってどんな病気?
食事療法のためのレシピ
災害時に備えて
今日からはじめてみませんか? 糖尿病の食事療法
今日からはじめてみませんか?動画でみる糖尿病の運動療法

動画でみる糖尿病の運動療法

動画でみるヘルシーレシピ 『旬の役菜 適材適食(春号)』監修:医療法人 二田哲博クリニック 管理栄養士 野菜ソムリエ 上級プロ 小園 亜由美 先生

健康なカラダづくりに役立つ野菜を【役菜(やくさい)】と呼んでいます。
旬を迎える野菜たちが持つ特徴的な栄養や成分を充分に引きだして美味しく楽しく頂きましょう。

今号では、「たっぷり春キャベツと納豆のサラダ」と「新タマネギの甘味を楽しむスープ」のレシピを動画でご紹介します。

レシピだけを動画でみる
たっぷり春キャベツと納豆のサラダ

レシピだけを動画でみる たっぷり春キャベツと納豆のサラダ

レシピだけを動画でみる
新タマネギの甘味を楽しむスープ

レシピだけを動画でみる 新タマネギの甘味を楽しむスープ

春キャベツ:【栄養成分:キャベジン】 潰瘍(かいよう)予防

キャベツから発見されたからキャベジン。

胃酸の分泌を抑え、傷ついた粘膜を修復するだけでなく、潰瘍の予防や治療としても使われている成分で別名をビタミンUと呼びます。

熱に弱いので葉のより柔らかい春キャベツは生食にぴったりです。

春キャベツ:【栄養成分:キャベジン】 潰瘍(かいよう)予防

新タマネギ:【栄養成分:硫化アリル】 コレステロールを抑える

刻むと涙が出てきます。
これは硫化アリルという成分によるもので、とても強い殺菌作用を持っています。

それだけでなく、血栓予防、血中コレステロールが増えるのを抑えたり、インスリンや胃液の分泌を増やしたり、 免疫力を高めてくれます。

新タマネギ:【栄養成分:硫化アリル】 コレステロールを抑える

 

カラダの調子を整えてくれる成分をたくさん含んだ野菜は糖尿病をはじめ生活習慣病には欠かすことのできない食材です。

食事のいちばん最初は野菜から食べる「ベジファースト」で朝昼晩の3食、1日合計350gの野菜を摂るようにしましょう。

ページのトップへ